2014年03月30日

iPhone 5s死亡



ちょっと前から充電時とかに勝手に再起動してる事があったんだけど、遂にBSoD吐いて固まった後、強制リセットをかけても起動しないトラブルが発生してしまった。
このときは二度目の強制リセットで何とか立ち上がったけど、これはちょっと危ないかなーと思って急遽PCにiTunesを入れてバックアップを取っていたら、その途中でiTunesがiPhoneを見失った。
おいおいと思ってiPhoneを取り外したら、もうウンともスンとも言わなくなっていたのであった…。

と言う訳で、先月契約したばかりのiPhone 5sが死亡しました。
享年1ヶ月の短い命であった。

って事で早速アップルストアの技術サポート窓口「Genius Bar」に行ってきたのです。
iPhoneは各キャリアショップじゃ修理とか受け付けてもらえないので、アップルストアかアップルの正規サービスプロバイダに持って行くか、あとはオンラインサポートで対応してもらうしかないんだよね。
めんどうくさっ!

で、Genius Barは基本的に事前予約が必要なんだけど、WEBで予約しようとしたら最短でも三日先とかふざけんな状態だったので、とりあえず予約せずに行くだけ行ってみた。
今回は一番最寄りのアップルストア渋谷に行ったんだけど、10時の開店ちょっと前に着いたら既に店の前には数名の列が…。
大半はGenius Bar目当てらしくて、予約してる人と予約してない人で別々の列が作成されていて、10時の開店と同時に先ず予約してる人が2階のGenius Barに入って行き、その後に予約してない自分らが2階のGenius Barに案内された。
んでまぁ、結局ここでスタッフの指示のもとGenius Barの予約をさせられる訳なんだけれど、今回は症状が症状なだけに急ぎの対応をお願いするとキャンセル待ちみたいな感じで予約を入れてくれるので、あとはフロア内で上手い事時間的に空きが出来るのを待つのであった。
タイミングがよかったのか、はたまた症状が症状なだけに早急に対応してくれたのかは分からないけど、10分程度待たされただけで直ぐに案内して貰えたのは助かった。

あとは不具合が発生しているiPhoneをスタッフに手渡し、現状と発生した時の状況を説明。
強制リセットや電源ケーブル繋いでもウンともスンとも反応しない状況を確認して、あっさりと交換対応の判断をしていただいた。



持ち込んだiPhone 5sからSIMカードを抜き取り、交換用のiPhone 5sに差し替えてアクティベーションまでをスタッフが実行、その後にそのiPhone 5sを受け取る流れだった。

そんなこんなで無事にiPhone 5sが動くようになったのだけれど、バックアップが中途半端だったので今回は初期設定から全部やり直す羽目になった。
定期的にバックアップは取っておくに限るね。
これまでAndroidスマホやらiPhoneも4sと5、そして5sと使ってきてるけど、ここまで酷い壊れ方した端末はこれが初めてだわ。
iOS 7もアプリが落ちたり何かと不安定な感じだし、ソフトウェア面だけでなくハードウェア面でももうAndroidに劣る環境になりつつあるのかなと思った今日この頃。



死亡してしまったiPhone 5sは7.0.6にアップデートしてあったんだけど、交換品は7.0.4に戻ってしまった。
7.0.4だとSSLの脆弱性があるから7.0.6にしたいんだけど、今はアップデートすると7.1になっちゃうからなぁ…。
ちょっと困った。
【スマートフォン・携帯電話の最新記事】
posted by tsucchie at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン・携帯電話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393194188

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。