2013年01月20日

WesternDigital WD Green WD30EZRX-00DC0B0



WesternDigital製の3.5インチハードディスク。
低発熱、低騒音、省エネを売りにした「WD Green」シリーズの容量3TBモデル。

WD30EZRX-00DC0B0の主要スペック。
回転数は未公開だけど、5,000rpm前後で可変って形みたいだけど実際どうなんだろ。
インターフェースはSerialATAIII/6Gbps、キャッシュメモリ容量は64MB。
プラッター容量は1TBのモデル。



2012年11月29日製造の個体ではファームウェアバージョンは80.00A80だった。



WD30EZRX-00DC0B0のCrystalDiskMark測定結果。
シーケンシャルリード&ライトで150MB/s前後といったところ。

ちなみに測定環境はCore 2 Duo/E8500+ASUS P5K WS(P35チップセット)+Windows Vista Ultimate(64bit)の環境を利用しているので、HDDはSerialATAII/3Gbpsで接続されている。
他で公開されているCrystalDiskMarkの測定結果を見る限り、速度的にはSerialATAIII/6Gbps接続と大差無い感じ。


3TBのHDDなのでパーテーションスタイルは「MBR(マスターブートレコード)」では無く「GPT(GUIDパーティションテーブル)」を使用している。
(スクリーンショット撮り忘れた…)



今回WD30EZRXを使っているのはUEFIベースでは無いBIOSベースなP35チップセットマザーボード「P5K WS」を用いたPCなのでブートドライブとしては使えないのだけど、2台目以降のデータドライブとしては問題無く全容量の利用が可能になっている。




ここ最近の為替相場が円安に移行している影響で、ほぼ全てが輸入品であるPCパーツ類の値上がりが著しい。
以前買い貯めたHDDもほぼ使い切りそうな感じだったので、急遽駆け込みで2台買ってきた。
1台あたり9,480円だったけど、この先しばらくはこのお値段を見つけるのは難しそうな気配。
…もう1台くらい買っておけば良かったかなぁ?

ソフマップで買ったんだけど、取扱代理店がCFD販売だった。
他の代理店扱いの製品だとその代理店独自の1年保証とかあったりするんだけど、CFDは代理店保証が無いんだよなぁ。
一応メーカーによる工場出荷日から二年間の保証は付いているんだけど、WesternDigitalの場合は海外に物を送らなきゃならないのが面倒くさいね。
ちなみにメーカー保証についてはWesternDigitalのWebサイト内にある保証サービスのページで確認できる。

…ま、壊れない事を祈ろう。

■ Amazon:
WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EZRX-1TBP/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】
WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EZRX-1TBP/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

◆ リンク:
Western Digital:WD Green
posted by tsucchie at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作PC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/314478609

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。