2011年05月28日

ThinkPad T61(7658-A14):ハードディスク交換



父が使っていたThinkPad T61のハードディスクが破損した時の交換手順まとめ。
初期搭載のWesternDigital製80GBハードディスクから日立GST製500GBハードディスクへ交換している。

新しいハードディスクは日立GST製の2.5インチハードディスク「Travelstar 0S02598」を選択。



中身はTravelstar 5K500.Bシリーズの「HTS545050B9A300」。
接続インターフェースはSATAII/3Gbps、回転数5,400rpmでキャッシュ容量は8MB。
性能を重視するなら7,200rpmな高速モデルやSSDも選択肢に入るのだろうけど、今回はコストを重視した結果、ThinkPad X61で使用実績のあるHDDを投入する形になった。

■ Amazon:
日立 HGST Travelstar パッケージ版 2.5inch 500GB 8MB 5400rpm 0S02598
日立 HGST Travelstar パッケージ版 2.5inch 500GB 8MB 5400rpm 0S02598

リテールパッケージなのでメーカーの三年保証付き。


■ ハードディスク交換

ThinkPadはハードディスクの交換が容易に行えるよう考慮されて作られているので、ハードディスクの交換作業は非常に簡単に行える。



ACアダプタとバッテリーを取り外した後…



本体側面のハードディスクドライブベイカバーを取り外す。
ネジ一本で簡単に取り外せる。



内部に折り曲げて格納されているフィルムタブを引き出し、そのままハードディスクを引き出す。



取り出したハードディスクから両側面に付いているゴム(ゴム製レール)と、ネジ止めされているハードディスクブラケットを取り外す。

逆の手順で新しいハードディスクにブラケットをネジ止めした後、両側面にゴム製レールを取り付け、ドライブベイに新しいハードディスクを取り付けて交換作業は完了。


■ ハードディスクの動作確認



ハードディスクの初期不良確認はハードディスクメーカーが公開している診断ツールを用いる。
日立GST製ハードディスクの場合は「Drive Fitness Test」を利用して「Advanced Test」を実行する。



ハードディスクに問題が無ければ終了時に「0x00」が返される。
何らかのエラーコードが返された場合はハードディスクに異常がある可能性が高い。
エラーコードをGoogleで検索すれば何かしら情報が出ると思うけど、良く分からない場合はResults画面をデジカメなり何なりで撮影して、取り外したハードディスクともども購入した販売店に持って行けば交換なり返品なり対応してくれると思われる。


■ ハードディスクのデータ移行・復元

ThinkPad T61は別途リカバリーディスクを作成できるので、ハードディスク交換前にリカバリーディスクを作成し、ハードディスク交換後にそのリカバリーディスクから復元するのが一般的な手順になると思う。

今回は移行元のハードディスクが破損している事、必要なデータは別途抜き取り済みなので、一度初期状態にリカバリした後、改めて環境を整えている。
リカバリについてもThinkPad T61の購入直後に「Acronis True Image」を利用してハードディスクの内容をイメージファイルで保存しておいたので、それを利用して初期状態に復元する方法を用いた。

■ Amazon:
Acronis True Image Home 2010
Acronis True Image Home 2010

既存のハードディスクから内容を丸ごと移行する場合はこちらの記事後半のデータ移行の辺りが参考になるかも。

ちなみにThinkPad T61では「Acronis True Image」を利用する事でD2D(リカバリー)領域を含めた全ての内容をバックアップしたり、新しいハードディスクにクローンを作成する事が可能だった。
同じThinkPadでもX31辺りの世代だとHPAという特殊な領域下にD2D領域が置かれていたので「Acronis True Image」ではバックアップする事もクローンを作成する事も出来ないので、必ずしも全てのThinkPadで同じように作業が行える訳ではないので要注意。


■ おまけ


0S02598(HTS545050B9A300) - CrystalDiskMarkによる測定結果


0S02598(HTS545050B9A300) - CrystalDiskInfo実行結果

◆ リンク:
Lenovo ノートパソコン ThinkPad 7658A14 製品情報 - 仕様

■ Lenovo ThinkPad T61(7658-A14) 構成:2011年5月28日
CPU:Intel Core 2 Duo T7100/1.8GHz
チップセット:Intel GM965 Express
メモリ(1):PC2-6400 DDR2 SODIMM 1GB(Transcnend JM667QSU-1G)
メモリ(2):PC2-6400 DDR2 SODIMM 1GB(Transcnend JM667QSU-1G)
ハードディスクドライブ:80GB(WesternDigital WD800BEVS)
500GB(日立GST 0S02598 HTS545050B9A300)
DVDコンボドライブ:日立LG GCC-M10N
ビデオチップ:チップセット内蔵 Intel GMA X3100
ディスプレイタイプ:14.1V型TFT液晶
解像度:1,280×800ドット 1,677万色
音源:Intel HD Audio準拠
イーサネット:10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
ワイヤレスLAN:Intel Wireless WiFi Link 4965AGN IEEE 802.11a/b/g/draft n 準拠
PCカードスロット:TypeII/I×1(CardBus対応)
Expressカードスロット:ExpressCard 34/54×1
OS:Microsoft Windows XP Professional SP3
posted by tsucchie at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ThinkPad | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。