2010年11月23日

今日は日本語版Windows 95の15回目の誕生日



1995年11月23日。
アメリカでの英語版発売から待つ事90日、この日ようやく日本語版のWindows 95が発売された。
秋葉原をはじめとした電気街では午前0時から深夜販売も実施され、Windows 95が何なのか良く分かっていない人までが買っていたりした。
そんな模様がテレビで放送されるなどお祭り騒ぎだったあの日から、今日で15年。



自分が最初に95を使ったのはNECのPC-9821Xe10。
当時購入した型落ちのMS-DOS 6.2+Windows 3.1のプレインストールモデルで、CPUが486DX4/100MHz(しかも当時としては珍しいAMD製)、メモリが8MBとか今となっては恐ろしくチープなスペックだった。



95へのアップグレードキャンペーン対象モデルだったので、発売からちょっと遅れてアップグレードパッケージを入手。
それをインストールして、あとはNECが配布してたドライバディスクか何かでドライバを入れる形だったような気がする。

後にメモリを8MB足して16MBにしたけど、快適とは言い難かったような気がする。
もっとも出始めはソフトも大して揃ってないし、それほどWindows95を使う機会も無かった。
一太郎やMIFESとか当時主に使っていたソフトはDOS版で揃っていたし、なによりエロゲがPC-98のDOS版ばっかりだったしね(苦笑。
インターネットなんてまだろくに使えなかったし、主流だったパソコン通信もDOSで十分だったし、結局Windows 95をまともに使い始めるまでにはそれなりの時間が必要だった。




って事で、手持ちのWindows95をThinkPad i-series 1800(2655-P3J)に入れてみた。



PC/AT互換機版は後年PC-98からの乗り換え時に、当時搭載され始めたUSBをサポートしたOSR2.1を入手している。
ドライバは同じモデルナンバー2655のThinkPad A21e用Windows 95ドライバを利用してる。
現在でもLenovoのサイトから普通に入手できるのはありがたい。



使い勝手の悪いWindows 3.1から一変、Windows 95は今のWindowsの礎となる革新的なインターフェースを持って登場した。
逆に言えば使い勝手は95からそれほど変化無いような感じもするけど、今になって95に触ってみるとやっぱり使いにくいね(苦笑。
なんだかんだ言われても代を重ねる毎にWindowsも進化している事を改めて感じられる。



システムのプロパティ画面。
CPUはMobile Celeron/750MHzなんだけど、95はそんなCPU知らんがなといった風にPentium Proと認識する。
しかしWindows 95世代だとCPUはPentium、メモリも128MB前後が標準的な感じだったので、Me世代のThinkPad i1800だとかなり快適に動く。
サクサクだ。



95無印だとInternet Explorerは別途Plus!を買わないと手に入らなかったような記憶があるけど、OSR2.1だと標準でInternet Explorer 3.0が入っている。
当時はWebブラウザも有料って時代だったなぁ。



試しにGoogleとか見てみたら一切表示されない(汗。
かろうじて画面が表示されたやっほー(当時Yahoo!の事をこう読んでいた人は結構多かった…)も文字化けまくり。
エンコードする文字コードを指定してやれば読めそうなんだけど、見つからなかったので諦めた。


しかし今にして思えば激しく安定性に欠けるOSだったな。
ハングアップやブルースクリーン、突然の再起動とか果ては半年に一回ぐらいのペースでOSを入れ直す羽目になったし、特に大事なドキュメントとかプログラムとか作ってる時に、しかもセーブしてない時に限って必ず止まったりとか嫌な記憶が多すぎる(苦笑。
でもまぁ、このWindows 95が世に出た事でパーソナルコンピュータの歴史が大きく変わったのは事実で、その大きな功績は称えられるべきなんだろうな。


◆ リンク:
Microsoft Windows : Windows of History
posted by tsucchie at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170404008

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。