2006年04月22日

MOE-US1K21-A30 (4:WindowsXP編)

060422 MOEUS1K21A30

もう一回、過去分含めてタイトルが変わります(汗。
「システムのプロパティ」を見たら「MOE-US1K21 Series」という記述があったので、恐らくこれが正しいんでしょう。
…多分。

それは置いておいて、今回はやっとこさカスタマイズされたWindowsXP編。
外観部だけじゃなくて、OS周りにもモエコンらしいカスタマイズが施されている。


060422 MOEUS1K21A30
WindowsXPの起動時に表示されるカスタマイズロゴ。


060422 MOEUS1K21A30
WindowsXPのログイン画面。


プレインストールされている壁紙は以下の4種類。
060422 MOEUS1K21A30
060422 MOEUS1K21A30
060422 MOEUS1K21A30
060422 MOEUS1K21A30
また、一つの絵柄に対して800×600、1024×768、1600×1200、1680×1050の4サイズ分が用意されている。
デフォルト設定は一番上の絵柄。
右下(一部左下)に写ってる時計ソフト「PPCLOCK」がおまけで入ってる。


060422 MOEUS1K21A30
一部のシステムサウンドにはヒカル(CV:安玖深 音)の音声メッセージが使われている。
カスタマイズされているイベントは「Windowsの起動」「Windowsの終了」「システムエラー」「新着メールの通知」「ごみ箱を空にする」の5項目。
音声メッセージは新録ではなく、「わんもあ@ぴぃしぃず」の付属CDに収録されているものを再利用した形になっているのが残念。


060422 MOEUS1K21A30
システムのプロパティ。
プレインストールOSはWindowsXP Home Edition ServicePack2。
上記のカスタマイズポイント以外には配色が変更されているくらいで、他には特にこれといってめぼしい差異点も無い。
プレインストールソフトウェアについてもDVDドライブに付属していたと思われるライティングソフト「Nero Express」と「PowerDVD」「PowerProducer」がインストールされている程度。


WindowsXPのシステム周りのカスタマイズはこんな感じ。
XPの起動ロゴとかログイン画面まで手が入ってるのは良い感じだけど、Windowsのシステムファイルに手が入れられているので、今後WindowsXPのServicePack3がリリースされた時に販売元がどう対応するのか興味深い。
…SP3がリリースされる頃には保証期限切れとか言って逃げられるのがオチな気もするけど。

なお、DSP版WindowsXP HomeEditionのCD-ROMは付属するが、カスタマイズされた環境を復元できるリカバリーディスク等は一切付属しない。
その為、購入後にユーザー側で「Norton Ghost」や「True Image」等のバックアップソフトを利用して初期イメージを作成しておかないと、初期状態に復元する事が出来なくなってしまう。
販売元に本体を送れば初期状態に戻してくれるみたいだけど、送料や手間を考えたら素直にバックアップソフトを買った方が正解だと思う。

付属品等に関しては、次回の記事で改めてまとめようと思う。
ショップブランドPCみたいなのを想像していると、痛い目見そうな内容なので要注意。



以下、ちょっとおまけ。
※MOE-US1K21-A30(Shuttle SK21G)のみ有効

Cool'n'Quietについて

Athlon64シリーズが備える省電力機能。
負荷に応じてCPUの動作クロックが変化するようになっている。
販売元の説明では「非対応」と明記されているので自己責任になるけど、とりあえず動作する事は確認できた。

設定方法は…
(1)マザーボードによってはBIOSの設定でCool'n'Quietを有効にする。
※ただしSK21Gの場合はBIOSに該当項目が存在せず、デフォルトで有効になっているようなので特に設定を変更する必要はない。

(2)「AMD Athlon 64 Processor Driver」をインストールする。
2006年4月22日現在、最新版はVer1.2.2.2。

060422 MOEUS1K21A30
(3)電源のプロパティを開いて、「電源設定」を「最小の電源管理」に設定する。
以上でCool'n'Quietの設定は完了。


ちなみに動作状況は…

060422 MOEUS1K21A30
アイドル時および低負荷時は動作クロック1GHz、コア電圧1.1Vで動作。
※CPU-Zの表示は多少の誤差含む。

060422 MOEUS1K21A30
ある程度の負荷がかかると、動作クロックが1.8GHzに上昇する。
この時のコア電圧は1.4V。

060422 MOEUS1K21A30
高い負荷がかかると、定格クロックの2GHzで動作する。
コア電圧も定格の1.5Vに。

テスト時にはSuperπ動かして高負荷状態を発生させてみたけど、普通に使っていると余程の事をしない限り高負荷状態にはならない。
主用途になる2Dゲーム系はほとんど低負荷状態で動作クロック1GHzから動かず、極まれにほんの一瞬1.8GHzになる事があったくらい。

しつこいようだが販売元ではCool'n'Quietには非対応と明記しているので、試す場合は自己責任となる。
また、この記事を参考にして設定し、どのような不具合が発生したとしても、当方は一切の責任を持たない事をあらかじめご理解いただきたい。

◆ 関連記事:MOE-US1K21-A30
◆ 関連記事:MOE-US1K21-A30 (2:外観編)
◆ 関連記事:MOE-US1K21-A30 (3:ハードウェア内部編)
◆ 関連記事:MOE-US1K21-A30 (5:付属品・その他)

■ 販売元:株式会社ファスト

※写真中のイラストに関する表記:(C) UNiSONSHIFT / SOFTPAL Inc.
posted by tsucchie at 22:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | モエコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モエコンを仕事用で買ったら仕事どころじゃないですね、これは…。壁紙はうらやましい…、いや何度見てもうらやましい。
新作の評判はどうなんでしょうねぇ…。
tsucchie氏は中古でも購入しないのですか?
Posted by どうやら店長 at 2006年04月23日 07:19
>> どうやら店長 さん
さすがに仕事用で買う人はいないでしょ。(´Д`;)
壁紙はもうちょっと欲しかったかなって気もするけど。

>新作の評判はどうなんでしょうねぇ…。
これって「ななついろ〜」の事ですかね?
買ってきましたよ。
一昔前の少女マンガ的な恋物語が好きなら悪い選択じゃないと思います。
後はのいぢ絵の絵本として割り切れる人向けかな。
Posted by tsucchie at 2006年04月23日 18:13
私もヒカルカスタム使ってます。
システムに組み込まれているシステムプロパティ、起動画面、ログイン画面のバックアップ方法はネットで調べれば分かるので市販ソフト使うこともないと思いますよ。
ただ一回起動画面のバックアップに失敗してメーカーに送りました。
1年間は全て無料、3日で帰ってきたので対応の良さに驚いたり。
Posted by 和 at 2006年04月26日 22:01
>> 和 さん
コメントありがとうございます。
お仲間さんだ〜。ヽ(´▽`)ノ

>>システムプロパティ、起動画面、ログイン画面のバックアップ方法
この辺は確かにネット調べると出てきますね。
でも、これってちょっと敷居高いですよね?
実際、下手にいじるとシステム破損に繋がるような部分ですし。
ある程度Windowsを理解してるユーザーならまだしも、モエコンを買ったユーザーが全員そんなユーザーとも限らないかなと思って、記事中ではバックアップソフトを挙げておきました。

そういえばバックアップソフトを持っている場合は、販売元にそのソフトを送れば初期イメージを作ってCD-RかDVD-Rで送ってくれるそうですよ。
こんなサービスするくらいなら、最初からリカバリCDなり何なり付けてくれって感じですけどね(苦笑。
Posted by tsucchie at 2006年04月26日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16913690

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。