2010年01月24日

"thank you" and "from now" KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010 -Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!-



2010年1月23日、KOTOKO初の単独での武道館ライブ「"thank you" and "from now" KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010 -Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!-」に参加してきた。

自分がライブに参加するのは昨年1月に同じ武道館で開催された「I've in BUDOKAN 2009 〜Departed to the Future〜」以来なので、実に一年ぶりのライブ。
「I've in BUDOKAN 2009」もそうだったんだけど、昨年は正直自分的には内容に不満が残るライブが多く、会場から足が遠のいてしまった。
今回のライブも期待半分不安半分って感じだったんだけど、いざふたを開けてみたら2006年末に横浜アリーナで開催された「KOTOKO LIVE 2006 IN YOKOHAMA ARENA」に勝るとも劣らない充実した内容に満足したライブだった。

指定座席はアリーナA4ブロック。
2005年のI've in BUDOKANの時はスタンド2階、2009年の時はスタンド1階と着々とアリーナに近づき、3回目にして遂に初のアリーナ席、しかも前から3〜4列目という非常にステージに近い座席で臨場感は最高だった。

セットリストはこんな感じ。

● OUTER
01.Synthetic Organism (2000)
02.Ha!!!ppiness (2008)

● KOTOKO
− MOON −
03.Close to me… (2000)
04.明日の向こう (2000)
05.I can't get over your best smile (2001)
06.茜空 〜それが僕らの世界だった〜 (2009)
07.硝子の靡風 (2005)
08.雨とギター (2009)
− BLACK HOLE −
09.限界打破 (2009)
10.羽-hane- (2004)
11.UZU-MAKI (2006)
12.BUCCANEER (2009)
13.Collective (2005)
− DREAM LAND −
14.さくらんぼキッス 〜爆発だも〜ん〜 (2003)
〜15.きゅるるんKissでジャンボ♪♪ (2004)
〜16.I need magic 〜解けないマジ☆キュン♪〜 (2007)
17.常識!バトラー行進曲 (2008)
18.めぃぷるシロップ(2007)
− GALAXY −
● club KOTOKO Remix by NS⇒GIFT
01.Suppuration -core- [G・M・S Re-mix]
〜02.BLAZE [G・M・S remix]
〜03.Re-sublimity [Shiva Jorg & HARD STUFF remix]
〜04.Lament [NS⇒GIFT remix]
19.SCREW (2009)
20.Sensitive (2001)
21.resolution of soul (2001)
22.oblivion(2003)
23.ε〜Epsilon〜(2009)
− EARTH −
24.421-a will- (2005)
25.Feel in tears (2001)
26.being (2006)
27.prime -"thank you" and "from now"- (2009)
28.覚えてていいよ (2004)

● アンコール
29.Shooting Star (2002)
〜30.涙の誓い(2002
〜31.Wing My Way (2002)
32.Face of Fact (2002)
〜33.Re-sublimity (2004)
34.七転八起☆至上主義! (2007)
35.Symphony 〜星たちの詩〜 (2006)

さすがに全部は覚えきれなかったので某掲示板の実況スレ辺りから拝借(汗。
新旧マイナーメジャー様々な楽曲が織り交ぜられた、まさにKOTOKOが歩んだ10年の軌跡を辿るセットリストになっている。

初っ端からOuterが来たのは予想外。
まさか「ファック!デストローイ!」が口火を切るとは…。
そんな「Synthetic Organism」と冬コミで販売された「MANIA TRACKS Vol.II」に収録された「Ha!!!ppiness」の二曲を披露。
横アリとあわせて5曲全部ライブで披露された形に。

KOTOKOパートはやはりこの曲「Close to me…」からスタート。
裸足少女の「eeffect 〜悪魔の仔〜」主題歌。
やはりデビュー曲は外せないか。
続く「明日の向こう」。
イントロで思わず目から汗が。
2000年末の冬コミで販売されたCD「Dear Feeling」に収録された懐かしの一曲。
「Prime」を歌うならこっちはしばらくお預けかと思ったんだけど、まさか今回の武道館で歌ってくれるとは思わなかった。
「I can't get over your best smile」は「おねがいティーチャー」の先行イメージソング「LOVE A RIDDLE」のカップリング。
これも懐かしい一曲だったな。
いきなり時代が飛んで「茜空 〜それが僕らの世界だった〜」。
昨年発売された「真剣で私に恋しなさい!」のエンディングテーマ曲。
「硝子の靡風」は2ndアルバムの表題曲。
「雨とギター」「限界打破」と最新の4thアルバム「イプシロンの方舟」収録曲が続く。

ちなみに今回のライブはMOON → BLACK HOLE → DREAM LAND → GALAXY → EARTH というテーマ毎に楽曲が割り振られている。
「雨とギター」までが MOON で、「限界打破」から BLACK HOLE に突入する。

メジャーデビューアルバム「羽 -hane-」から表題曲「羽」と、続いて3rdアルバム「UZU-MAKI」からも表題曲「UZU-MAKI」。
この二曲と先に歌った「硝子の靡風」辺りはショートバージョンだったかな。
確か短めだったはず。
最新シングルからカップリングの「BUCCANEER」。
ダンサーとの息のあったダンスが映えた一曲。
I'veのコンピ「COLLECTIVE」から表題曲「Collective」は2005年の武道館以来か。
ヘドバン要求してたけど聞こえてなかった人が多かったな。

DREAM LANDは電波パート。
「さくらんぼキッス 〜爆発だも〜ん〜」〜「きゅるるんKissでジャンボ♪♪」〜「I need magic 〜解けないマジ☆キュン♪〜」ときゅんきゅん三姉妹ことカラフルシリーズメドレー。
着ぐるみダンサー4人を迎え、コンシューマ版の「つよきす」から「常識!バトラー行進曲」、「SHORT CIRCUIT II」から「めいぷるシロップ」が続く。
マジキュンはフルで聞きたかったような気もするけど、メドレーはメドレーで勢いがあってなかなか良い感じ。
めいぷるは結構歌詞間違ってた?

GALAXYではゲストDJのNS⇒GIFTが参戦。
Suppuration -core- [G・M・S Re-mix] 〜 BLAZE [G・M・S remix] 〜 Re-sublimity [Shiva Jorg & HARD STUFF remix] 〜 Lament [NS⇒GIFT remix] と「master groove circle」からクラブチューンを連続披露。
そのままKOTOKO登場で最新シングル「SCREW」へ。
ここの流れが半端無く良かった。
正直「master groove circle」はCDで聞くと微妙に聞こえる曲が多いんだけどライブで大きく印象が変わった。
NS⇒GIFTはとりあえず北海道出身関東在住ってのは分かった。
他のプロフィールは今後に期待か。

このままメジャー曲の流れが続くのかと思ったら、まさかの「sensitive」「resolution of soul」「oblivion」のコンボで自分ら古参ファン大歓喜。
DC版「D+VINE[LUV]」の主題歌が武道館で披露とか、天国のあぼぱ浦社長も喜んでいるに違いない。
そして「イプシロンの方舟」から「ε〜Epsilon〜」。
このパート、タテ乗りの連続で正直体力が限界に(汗。

EARTHパートは「421 -a will-」からスタート。
個人的にはメジャー曲の中でも屈指の名曲だと思う。
そういや最近ファンになった人には421の意味が分からないって人も多いらしい。
メジャーデビューから5年も経てば仕方ないか。
ちなみに421はメジャーデビューアルバム「羽 -hane-」の発売日。(4月21日)

続いてKOTOKOが「一番好きな曲は?」という問いに「あえて一曲挙げるなら」と答えた「Feel in tears」!
キター! 思わずイントロで泣いた。
「being」から「prime -"thank you" and "from now"-」へとフィナーレに向かって突き進む。
「prime」はソロバージョンでの披露になってしまったのが残念だが、これはこれで名曲なのでやはり生で聞けたのは嬉しい限り。
そして最後を飾るのはやはりこの曲「覚えてていいよ」。
ファーストシングルとしてリリースされた、これもメジャー曲の中じゃ屈指の名曲の一つだと思う。

アンコールは「Shooting Star」〜「涙の誓い」〜「Wing my Way」からスタート。
「Shooting Star」はあの振り久しぶりにやれたのが嬉しかった。
忘れてるかと思ったけど身体が覚えてた(笑。
「涙の誓い」は自分とKOTOKOの出会いの一曲、「Wing my Way」は個人的お気に入りでも上位の曲なので、ショートバージョンとは言えまたライブで聞けたのは嬉しかった。
「Face of Fact」〜「Re-sublimity」〜「七転八起☆至上主義!」と密度の濃い内容が続き、メンバー紹介を挟んで最後の最後を飾るのは「Symphony 〜星たちの詩〜」。
天井から星形のカードが降り注ぐ中、横浜アリーナライブでの配布CDに収録された名曲がグランドフィナーレを飾り大団円。
約3時間30分に及んだ武道館ライブは幕を閉じた。


もっとメジャー寄りの内容になるかなと覚悟していたんだけど、いざ蓋を開いてみれば怒濤の古き良きI've Sound祭りで古くから聞いてる自分的には非常に満足のいく内容だった。
曲数稼ぐ目的なんだろうけどショートバージョンやメドレーでやや不完全燃焼気味だった点とか、ベースにからあげくんがいなかったとか不満もあるんだけど、それを補ってあまりある内容になっていたと思う。
去年のライブとか見てると正直ここら辺りで一度区切りの付け時かなーと思っていたんだけど、こんな内容のライブを見せられちゃあ、まだ見切るわけにはいかなそうだ(笑。

しかし腕を振りすぎたのか一日経過した今でもまだ腕が痛い。
おかげでキーボードを打つのも結構キツかったり(汗。
そろそろ体力的にもいろいろ厳しいな。

■ グッズ類


パンフレットだけ購入。
16時頃会場に着いたら大半のグッズが売り切れててエコバッグが買えなかったのが残念。
あと会場で参加者に配布された「Pleasure seasons 〜これまでも、ここからも〜」が収録されたCD。

"thank you" and "from now" KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010『Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!』
posted by tsucchie at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | I've Sound | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139232588

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。