2010年01月03日

オーガストからのメール便



今冬も送られてきた。
正月三が日に届くとか仕事早いなぁ。

中身は年賀状のポストカードと年始の挨拶が書かれたペーパー、冬コミで配布されたばかりの小冊子「オーガストオフィシャルハンドブック 2010年新春号」と秋のドリパで配布された小冊子「オーガストオフィシャルハンドブック 2009年秋号」。
ポストカードの絵柄は冬コミセット2009に封入されたカレンダーの絵柄に使用された晴れ着姿で餅をつく陽菜とかなで。

この不況下で年賀状が来なかったブランドも多い中、こうやってイベントの無料配布物を送付してくれるサービスは非常にありがたい。
しかし…



発送時にトラブルでもあったのか、宛名シールが二重に貼られている。
上に貼られた自分宛の宛名シールを剥がすと、そこには自分のとは違う住所と名前が…。
一応氏名を修正液で消した痕跡はあるんだけど、上の宛名シールを剥がすと一緒にとれちゃって意味がない状態。
これは恐らくどこかの家に自分の住所氏名の宛名シールが貼られたままの封筒が送られている可能性が高いと考えるべきなのかな。
モノがモノだけにこういうのはもうちょっと考えて対処して欲しかったところ。
それだけが残念。


● 2010/02/09追記

オーガストから事の顛末について記されたお詫びの手紙と粗品が届いた。
既にWebサイトにお詫びが告知されているので、それでこの件については終わりだと思っていたんだけど、まさか発送先の個々に対してのフォローまで行うとは…。
通販などではなく、あくまで企業側の好意で行っている無料配布物の発送というサービスで起こったトラブルなのに、ここまで誠意を見せる企業も珍しい。
他の企業も見習ってほしいものだ。

しかし、このお詫びの手紙にしてもWebでのお詫びにしても、本来ならミスを犯したヤマト運輸が発送、掲載を行うべきだと思うんだけどな。
こういう風に表立ってないトラブル、結構多そうだな…。

◆ リンク:
オーガスト
ARIA
posted by tsucchie at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | エロゲ [R-18] | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。