2009年08月27日

DVD『"I've Sound 10th anniversary" I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜』



今年1月2日に日本武道館で開催された「"I've Sound 10th anniversary" I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜」の模様を収めたライブDVDがいよいよ登場。
3枚組DVDで、すべてが片面二層メディアで構成されている。



Disc1がオープニングから詩月カオリパートまでの106分、Disc2がKOTOKOパートからMELLパートまで116分、Disc3がLove Planet Fiveパートとメイキングの合計110分という構成。
4時間半以上に及んだステージが、ほぼ余すところなく収録されている。

昨日Amazonから届いたんだけど、さすがにこれだけ長時間だと全部見るのは難しい。
週末にでも全編通して見る楽しみはとっておくとして、とりあえず要所要所をつまみ食い的に流してみた。

やっぱり違和感があるのが二番を切ってる曲が多い点。
限られた時間の中で歌える曲数を稼ぐってのは分かるんだけど、思い入れのある曲とかがフルで聞けないとやっぱり違和感を感じる。
もしも次回があるなら2Daysにして、1日目に3〜4人、2日目に3〜4人とか、出演アーティストを分けてやってもらえるとうれしいかもしれない。
さすがに4時間半でも体力的にも厳しいからなぁ…。
この日も後半は腕上がらなかったし(苦笑。

もっとも曲数聞きたいならアーティスト個々のライブ行けって話になるような気もするけど。

あと、ゲストのBlue Man Groupの映像がほとんどカットとされてる点が残念かな。
「Time to Start」は完全にカットされてるし、「HYDIAN WAY」もほとんどBlue Man Groupが映らないように編集されてる。
大人の都合なんだろうけど、それなら呼ぶなよ…って気がしなくもない。
まぁ、ライブに参加した人だけが見れた特典…って事で納得するか。

しかし、こうやって改めてDVDで見てみても、やっぱり豪華なステージだったなぁ。
Blue Man Gropuもそうだけど、「きれいな旋律」一曲のためだけに呼んだマーティ・フリードマンとか、「repeat -Deep Forest Remix-」一曲のためだけに呼んだエリック・ムーケとか、普通じゃあり得ないし。
そしてステージを縦横無尽に動き回る森岡賢はDVDでも目立つなぁ…。
あの動きに思わず目を奪われしまう(笑。


でも、これだけ豪華なライブ内容でも、2005年の武道館ライブの感動には届かなかったのが残念なところか。
2005年の時は会場でボロボロ涙流しまくってたんだけど(苦笑)、今回はそれほど感動できるシーンが無かったというのが個人的な印象。
強いて挙げればHealing Leafの2曲でグッと来たくらい。
各アーティストとも歌った曲がメジャーデビュー後のリリース楽曲が大半を占めた事もあり、2005年の時ほど思い入れのある曲が歌われなかったってのが最大の要因なんだと思う。
「未来への旅立ち」に過去は不要って事なんだろうか?
これまでの10年があったからこそ、これからの未来があるんじゃないのか?
10年間I've Soundを聞き続けて、そして見守り続けている人もまだいるって事は忘れないで欲しい。


◆ 関連記事:
I've in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜

◆ リンク:
LOW TRANCE ASSEMBLY [IVE]

■ Amazon:
I'VE in BUDOKAN 2009~Departed to the future~ [DVD]
I'VE in BUDOKAN 2009~Departed to the future~ [DVD]
posted by tsucchie at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | I've Sound | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。