2009年07月12日

Eee PC 901-X:システム起動不良の復旧



ハードディスクに不良セクタが発生したデスクトップ機の修復と平行して、こちらも起動不良に陥っていたEee PC 901-Xの復旧作業を実施。



もっとも、こちらは以前Windows XP Professionalをクリーンインストールした際に、ある程度できあがった環境を「TrueImage」で保存していた内容を復元するだけなので、それほど手間はかかってない。
むしろこの後、入っていないアプリケーションを追加する方が大変かも。
何しろ何が入ってか良く覚えてないのもあるし(汗。
ま、その辺は必要に迫られたら入れ直す感じで。


ちなみに起動不良の原因はどうやらSSD内部の死亡ブロック発生によるものらしい。
Eee PC 901-XではSSDの寿命予測&モニタリングソフト「JSMonitor」を利用してSSDをモニタリングしているんだけど、不具合発生のタイミングでECC(エラー検出訂正)が発生している事と、その後「Good Block Count」と「System Block Count」がそれぞれ"4"ずつ減少した事が確認できた。



Good Block Countが16316 → 16312へ、System Block Countが908 → 904へ、それぞれ数値変動してる。
System Block Countは予備ブロックなので、Good Block Countで減少した4ブロック分、予備から4ブロック補填されたということになるらしい。
この辺については「JSMonitor」の制作者様が直々に書かれているこちらを読んだ方が何かと詳しいので割愛。

ただ、エラー訂正が行われているならブロック死亡時にその記録内容は生き残ると思うんだけど、今回はおそらくエラー訂正が上手く行われず、システムファイルが壊れてOSの起動不良に陥ったんだと思う。
ブロックが死亡する都度、システムのリカバリーが必要になるとかってのは勘弁してほしいところだが、果たして今後どうなる事やら…。

それ以前にまだMax Erase Countが300超えたばっかりなんだよなぁ…。
たまたま不良ブロックにぶち当たっただけなのか、それともこの勢いで死亡ブロックが増殖していくのか、今しばらくは目が離せなそうだ。


◆ 関連記事:
Eee PC 901-X:セキュリティソフトの入れ替え
Eee PC 901-X:SSD換装
BUFFALO BSCRMSDCBK(超小型microSDカードリーダー)
BUFFALO DVSM-P58U2/B
Eee PC 901-X:復旧作業
Eee PC 901-X:再セットアップ (Windows XP Professionalのクリーンインストール)
ELECOM ZSB-IB020
Eee PC
ASUSTeK Eee PC 901-X

◆ リンク:
JMF601/JMF602搭載SSD用モニタリング・寿命予測ソフト"JSMonitor"公開 - 博士課程大学院生の現実逃避日記
posted by tsucchie at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Eee PC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。