2009年07月11日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破



ようやく見に行けたー。



公開から二週間経ってるにもかかわらず、結構お客が多いのにちょっと驚き。
そこそこの席がとれたので良かったけど、隣は中学生ぐらいの腐女子二人組だし、逆はアニメなんて見なそうなお兄さん。
客層が幅広いなぁ。

というわけで、約2年ぶりの新劇場版第二作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。
事前にざっと見た感じじゃ前作の序よりも面白いと評判も良いので期待してたんだけど、確かに面白かった。
上映時間108分とのことだけど、体感的には2時間どころか3時間ぐらい見てたように感じた。
それだけ中身がぎっしりと詰まっていた感じ。
テレビシリーズの流れに沿っていた序と違って、破はそのサブタイトル通りテレビシリーズとはかなり展開が変わっているので新鮮な気持ちで見れたってのもあるんだろうけど、それに加えて戦闘シーンの多さなどエンターテイメント性を重視した内容になったのも面白く感じる一因かも。

ただ、全体的には「丸くなった」って印象が強いかな。
ストーリーもそうだけど、キャラクターのアクの強さが抜けた感じ。
シンジは前向きになったし、レイは素直になったし、アスカも独りよがりじゃなくなった。
なんと言うか全体的に人間関係に積極的になってるような感じなんだけど、雰囲気がエヴァっぽくないんだよな。

そういえば新キャラのマリは追加した意味も良く分からなかったなぁ。
アスカを脇にどけて無理矢理ねじ込んだ感が強くて、その辺に違和感を覚えた。
アスカの代打かと思ったけどそういう訳でもなさそうだし、彼女の存在意義は次の「Q」でちゃんとに明かされるのかな。

ネタバレしないように書こうとするとなかなか難しいな(汗。
書いちゃってもいいんだけど、作品に興味があるのなら劇場に足を運んで実際に見てもらいたい作品なので、ここでその楽しみを奪うのは止めておきたいところ。


さて、三部作の最後を飾る「Q」が今から待ち遠しい。
また二年後かな(苦笑。
どんな答えを導き出すのか今の段階では分からないけど、今度こそ幸せにしてくれるのか?
それとも…。


写真はパンフと前売り券。
パンフは表紙が思いっきりネタバレなのでボカシた。

◆ リンク:
EVANGELION.CO.JP
posted by tsucchie at 20:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・コミック・ラノベ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ネタバレしないように書こうとするとなかなか難しいな(汗。

既にネタバレを見てしまった自分には問題無いですw
ネット上ではかなりの高評価なので自分も見てみたいですね
アスカ好きな人には少し不評だそうですが・・・そこのところは「Q」でフォローされるのかなぁ?
Posted by Mebius1 at 2009年07月13日 21:35
>> Mebius1さん

文字のネタバレでは、映像で見た時の衝撃は味わえないですからね。
特に劇場で見る映画は迫力が違いますから、是非劇場に足を運んでほしいところです。

アスカは…確かにポジションが若干変わったので、その辺不満に感じる人もいるかもしれませんね。
ただ、今作では次回作への伏線も担っているので、「Q」でその辺どうやって回収するかが見物だと思います。
Posted by tsucchie at 2009年07月14日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。