2009年05月03日

ML110 G5:CPU交換



ファイルサーバとして稼働中の「ML110 G5」のCPUを交換。
今回は初期搭載のCeleron 420/1.6GHzからPentium Dual-Core E5200/2.5GHzに変更している。

※ 注意!
CPUの交換はメーカー保証外行為となります。
また、当記事はその動作を保証するものではありません。
CPU交換はユーザーの自己判断および自己責任において行って下さい。


◆ 動作確認CPUについて(追記:2010/11/7)
当記事で扱ったPentium Dual-Core E5200の他、手持ちのML110 G5で動作が確認できたCPUは以下の通り。
・Celeron 420(SL9XP) ※購入時に搭載されていたCPU
・Core 2 Duo E4400(SLA3F)
・Celeron E3300(SLGU4)
・Pentium Dual-Core E6500(SLGUH)


あらかじめ本体のBIOSを最新のVersion 2009.03.12に更新の上、CPUの交換作業を行っている。
※2010年11月7日現在、最新BIOSはVersion 2009.10.09
※他にVersion 2009.10.09 USBキーメディア用もあり。更新手段はお好みで。

BIOSの更新が終わったらCPUの交換作業開始。



本体のサイドパネルを開く。



まずはCPUクーラーを取り外す。
脇のコネクタに挿さったファンの電源コネクタを抜いた後、クーラー本体の周囲4箇所を固定しているネジを外して取り外す。
マイナスドライバーでも作業は出来るけど、すべってマザーボードに傷付けたりとかしそうだし、安全を考えるとT15のトルクスドライバーの方がオススメ。



取り外したCPUクーラー。
ヒートシンクの中に9cmのファンが入ってる。
熱伝導部には銅が使われてたり、販売価格10,000円台という安価なサーバの付属部品とは贅沢すぎる作り。



初期搭載のCPUであるCeleron 420。
ロックを解除して取り外す。



Celeronを取り外した後、Pentium Dual-Core E5200を取り付け。



S-spec「SLB9T」でCore Steppingが最新のR0。
BIOS 2009.03.12でE5200がサポートされているが、これが果たしてR0まで含んだサポートなのかどうか最後まで不安だった。



ロックした後、シリコングリスを少量盛る。



CPUクーラーに付着した古いシリコングリスを拭き取った上で、取り付け作業を行う。

作業完了後、電源投入→「F10」キーでBIOS設定画面へ。



BIOSでは無事に認識された模様。




Windows Server上でも認識された。
タスクマネージャでも2コア分の枠が表示される。


ファンの回転数が上がっているのか、Celeron 420搭載時に比べるとファンの騒音が大きく感じる。
爆音という訳じゃ無いけど、稼働させているとちょっと気になるなぁ…。
置き場を考えるか。

■ Amazon:
Intel Boxed Pentium E6500 2.93GHz BX80571E6500
Intel Boxed Pentium E6500 2.93GHz BX80571E6500
インテル Boxed Intel Celeron E3300 2.50GHz 1M LGA775 BX80571E3300
インテル Boxed Intel Celeron E3300 2.50GHz 1M LGA775 BX80571E3300


■ hp ML110 G5 (4456070-AWSJ) 構成:2010年11月7日更新
CPU:Intel Celeron 420/1.6GHz
Intel Pentium Dual-Core E5200/2.5GHz
Intel Core 2 Duo E4400/2GHz
→ Intel Celeron E3300/2.5GHz New!
チップセット:Intel 3200
メモリ(1):PC2-6400(DDR2-800) Unbuffered DIMM 2GB NonECC(Micron CT25664AA800)
メモリ(2):PC2-6400(DDR2-800) Unbuffered DIMM 2GB NonECC(Micron CT25664AA800)
ハードディスクドライブ(1):HGST HDP725050GLA360
ハードディスクドライブ(2):WesternDigital WD10EACS
WesternDigital WD15EADS
→ WesternDigital WD20EARS
ハードディスクドライブ(3):WesternDigital WD10EADS
→ WesternDigital WD20EARS
ハードディスクドライブ(4):WesternDigital WD10EADS
DVD-ROMドライブ:日立LG GDRH20N
ネットワークインターフェース:オンボード NC105i PCIe Gigabit Server Adapter

日本HP:HP ProLiant ML110 G5 - 仕様一覧


おまけ
取り外したCeleron 420。




とりあえず昨日買ってきたASUSのP5KPL-CMに取り付けて、3rdマシンに投入予定。


※2010/11/7:動作確認CPU追記、構成更新他
posted by tsucchie at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ML110G5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118555082

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。