2009年01月04日

I've in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜



前回、2005年10月以来3年と3ヶ月ぶりになるI'veの武道館ライブ。
インディーズからメジャーへの一つの区切りとなった前回に続き、今回はI'veレーベル発足から10周年という節目を飾る記念すべきライブとなった。


と言う訳で、1月2日に日本武道館で開催された「I've in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜」に行ってきた。
公演時間4時間30分以上に及ぶ長丁場となったライブで、メジャー曲や過去のゲーム曲、アニメ曲など各アーティスト毎に数多くの名曲が披露された。

座席はスタンド1階南ブロック。
前回の武道館ライブに続いてまたスタンド席だったんだけど、今回は1階しかもステージを真正面に見据える南ブロックという事で下手なアリーナ席よりは良席だったと思う。
実際、最初から最後までステージはバッチリ見えたし、十分に楽しむ事が出来た。

時間も無いので細かい事は割愛して、とりあえず今回のセットリストを。

●川田まみ
01.PSI-missing(テレビアニメ「とある魔術の禁書目録」OP:2008年)
02.radiance(テレビアニメ「スターシップオペレーターズ」OP:2005年)
03.風と君を抱いて(crowd「miss you」OP:2001年)
04.RIDE -The Front Line Covers-(crowd「同心〜三姉妹のエチュード〜」ED:2000年(※原曲))
05.JOINT(テレビアニメ「灼眼のシャナ Second」OP:2007年)
06.緋色の空(テレビアニメ「灼眼のシャナ」OP:2005年)
07.GET MY WAY(テレビアニメ「ハヤテのごとく!」ED-3:2007年)

●島みやえい子
08.ULYSSES(ミニアルバム「ULYSSES」収録曲:2005年)
09.DROWNING -The Front Line Covers-(ANIM「陵辱痴漢地獄」ED:2002年(※原曲))
10.To lose in amber(ru'f「奴隷市場」OP:2000年)

●Healing Leaf(島みやえい子+川田まみ)
11.雨に歌う譚詩曲(EMU「雨に歌う譚詩曲 〜A rainbow after the rain〜」OP:2002年)
12.秋風に君を想ふ(BLUE GALE「はじらひ」ED:2002年)

●IKU
13.Rimless〜フチナシノセカイ〜(テレビアニメ「とある魔術の禁書目録」ED:2008年)
14.木の芽風(テレビアニメ「ハヤテのごとく!」ED-4:2008年)

●島みやえい子
15.WHEEL OF FORTUNE(運命の輪)(実写映画「ひぐらしのなく頃に」主題歌:2008年)
16.銀河の子 (アルバム「Ozone」「Endless Loop」収録曲:2003年)

●詩月カオリ
17.Shining stars bless☆(テレビアニメ「ななついろ☆ドロップス」OP:2007年)
18.Chasse(テレビアニメ「ハヤテのごとく!」ED-3:2007年)
19.Senecio(OVA「おねがいティーチャー」イメージソング:2002年)
20.SWAY(アルバム「diRTY GiFT」収録オリジナル曲:2002年)
21.Change of heart(シングル「Chasse」カップリング曲:2007年)
22.Do you know the magic?(Sirius「魔法はあめいろ?」OP:2004年)

●KOTOKO
23.リアル鬼ごっこ(実写映画「リアル鬼ごっこ」主題歌:2007年)
24.羽(アルバム「羽」収録曲:2004年)
25.Close to me…(裸足少女「effect〜悪魔の仔〜」OP:2000年)
26.季節の雫 -The Front Line Covers-(BLUE GALE「PILE☆DRIVER」OP:1999年(※原曲))
27.きれいな旋律(OVA「マリア様がみてる」ED-2:2007年)
28.U make 愛 dream(インターネットサービス「ai sp@ce」テーマ曲:2008年)
29.Re-sublimity(テレビアニメ「神無月の巫女」OP:2004年)
30.ハヤテのごとく!(テレビアニメ「ハヤテのごとく!」OP-1:2007年)

●C.G mix
31.under the darkness(Spray「鬼畜眼鏡」OP:2007年)
32.version up(アルバム「in your life」収録曲:2006年)
33.ミオクルカラ(アルバム「in your life」収録曲:2006年)
34.True eyes(?)(Spray「STEAL!」主題歌?:2009年?)
35.DETECT(アルバム「in your life」収録曲:2006年)
36.Welcome to HEAVEN!(NECインターチャネル/Spray「学園ヘヴン」OP:2003年)

●KOTOKO TO 詩月カオリ(SHORT CIRCUIT)
37.Crash Course 〜恋の特別レッスン〜(mana「メアメアメア」OP:2008年)
38.恋愛CHU!-Remix-(saga planets「恋愛CHU! 〜彼女の秘密はオトコのコ?〜」OP:2001年(※原曲))
39.SAVE YOUR HEART -Album Mix-(原曲:Aypio「注射器2」OP:2001年)
40.Double HarmoniZe Shock!!(アルバム「SHORT CIRCUIT II」収録曲:2007年)

●MELL
41.KILL(映画「斬 〜KILL〜」OP:2008年)
42.SCOPE(アルバム「MELLSCOPE」収録曲:2008年)
43.さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜(CRAFTWORK「さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜」ED:2001年)
44.repeat -Deep Forest Remix-(Grand Blue「堕落」OP:1999年(※原曲))
45.Bizarrerie Cage(?)(新曲:CALIGULA「真説 猟奇の檻 第2章」主題歌?:2009年?)
46.Red fraction(テレビアニメ「ブラックラグーン」OP:2006年)
47.美しく生きたい(ZERO「吐溜 -TRASH-」ED:1999年)

●BLUE MAN GROUP
48.TIME TO START

●BLUE MAN GROUP+Love Planet Five
49.HYDIAN WAY(ライブチケット先行販売付属CD収録:2008年)

●Love Planet Five
50.See You 〜小さな永遠〜 -P.V ver.-(ivory「とらいあんぐるハート3 〜Sweet Songs Forever〜」ED:2000年(※原曲))

■ アンコール
51.天壌を翔る者たち(アニメ劇場版「灼眼のシャナ」主題歌:2007年)
52.Fair Heaven(I've in BUDOKAN 2005チケット先行販売付属CD収録:2005年)

何気に凄い曲数歌ってたんだなぁ…。
BLUE MAN GROUPの「TIME TO START」を除いても50曲オーバーか。
だがしかし、これでも4時間30分という時間の枠では少なすぎて、大半の曲でセカンドコーラスが省略されたショートバージョンになってたのが残念だったな。
その分、数多くの楽曲が聴けたと考えれば納得も行くかもしれないけど、好きな曲を中途半端に聴かされるのも、それはそれで生殺しのようで納得行かなかったりもする。
難しいところだ。

あと全体的に極端に新しい曲と古い曲が入り乱れた構成だった。
とはいえレーベル初期から残っている人と言えばMELL様とえい子先生ぐらいなので、この二人以外は先日のコミケでリリースされた「The Front Line Covers」などカバーバージョンでの再現になってしまったけど。
それでも「To lose in amber」や「さよならを教えて」、カバーバージョンの「季節の雫」や「恋愛CHU!」「SAVE YOUR HEART」を聴けたのは嬉しかった。

ゲストはKOTOKOの「きれいな旋律」で元メガデスのマーティ・フリードマン、MELL様の「repeat」でDEEP FORESTのエリック・ムーケ、あとMELL様パートのキーボードプレーヤー兼ダンサーとして森岡賢が出演。
マーティのギターはもとより、エリックのキーボード(ピアノ)が格好良すぎた。
「repeat」ではずっとエリックばっか見てた(笑。
でも話題をかっさらったのはステージ上を縦横無尽に、そして滑らかに踊りまくる森岡賢だろうな。
彼のパフォーマンスが派手すぎてMELL様より目立ってたような気がする。

BLUE MAN GROUPは面白かったと言えば面白かったけど、ここで出した意味があったかどうかはイマイチ微妙。
むしろ彼らが出演する事でI'veクリエイターの出番がほとんど無かったのが残念なところか。
前回の「FUCK ME」並みのが来る事を期待していただけに、ショックは大きい。


今回のライブは前回の武道館ライブから各アーティストのメジャーデビューを経て、今後の展開を見据える内容だったんだろうけど、ここに至るまでの曲がもうちょっと聴きたかったというのも本音かも。
そう言う意味じゃ前回の武道館ほどの感動は無かった。
まぁ、前回はI'veのデビューから蓄積された6〜7年分という膨大な時間を一気に放出した効果も大きいんだろうけど。
実際、至る所で涙がぼろぼろと出た前回の武道館とは違って、今回はそういう衝撃は一切無かったし。
もうこの先、2005年の武道館ライブの感動を再び味わえる事は無いのかもしれないなぁ…。


■ 花とか
いろいろ来てた。


「とある魔術の禁書目録」原作コンビと「灼眼のシャナ」原作コンビ。


奥の方にはエロゲメーカーからも…。


■ グッズ類

興味あるグッズがあまりなかったので、今回はパンフレットと武道缶を買って終わり。



武道缶は4つ買ったらクリーニングクロス×2、サインピック付きI'veロゴドッグタグ、サインピック付き携帯ストラップが入ってた。
サインピックは両方ともカオリンのもの。
できればLEDプロジェクター・キーホルダーとオリジナルピンズも欲しかったんだけどなぁ。
缶を振っても中身の判断がしづらかった。

I'VE in BUDOKAN 2009 Official WEB
posted by tsucchie at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | I've Sound | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112114971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。